2017年08月08日

ヘッポコ映画談「ガタカ」その2


DSC_5034.JPG

もうかなり昔の作品なのでネタバレもなにもないでしょうが、主人公ヴィンセントはタイタンへ旅立ち

IDを売ったジェロームは自らを焼却。

総じて、やはりこの作品は反自然はよくないよ、と言いたいのだろうか?ちょっとそう思ったりするけど、

考え出すとよくわからなくなってくる。トレインスポッティングのレントンくんもそうだけど、

欲しいものを手に入れて、この先希望に満ちてるぜ、と思っているのは本人だけで、実は悲惨な

人生が展開されるであろうことは、用意に想像できるからである。勝利したかに見せかけた敗北。

全員が敗者。こういう作品が私は好きなんですね結局。遺伝子操作やデザインチャイルドのことは、

のちのちまた取り上げていきたい内容です。

おしまい








ローソンのネットスーパー






日本FX教育機構






NEOMONEY
ラベル:映画
posted by 雲豹堂 at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。