2017年08月07日

ヘッポコ映画談 「ガタカ」


DSC_5036.JPG

「神が曲げてつくったものを誰が直しえようか?」

てな感じで始まりました。予備知識はまったくなく、なぜ見る気になったのか?

暗い気分だったので、もっと暗くなりたくて選んでみました。映画作品を見るのは久しぶりだ。

冒頭の5分で、劇場で見たかったなぁと思うくらい気に入りました。青い色を最初にもってきた

演出は見事。そしてイーサン・ホーク。伊藤英明に似てませんか?んなこたどうでもいい。

なんかアメリカ映画っぽくないなぁ、と言う印象が深まっていく。近未来感も半端ではなくリアリティー

があり、あぁ、これから世界は、そして社会はこうなっていくのかも、半ば本気で信じてしまう映像と

ストーリーが流れていきます。そして私の心もいい感じに暗く沈んでいくのであった。

−続く−







ローソンのネットスーパー






日本FX教育機構






NEOMONEY
ラベル:映画
posted by 雲豹堂 at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする